冠婚葬祭マナー辞典

ジューンブライド 結婚式の引出物とは

結婚式の披露宴でお招きしたゲストに配るギフトが、結婚式の引出物です。

ジューンブライド 結婚式の引出物とは6月の花嫁は幸せになる と言われて June Bride になるお嫁さん。 6月に結婚するカップルへ心からおめでとうございます。
June Brideの由来は?
6 月の英語、”June”ジューンはローマ時代の女神Juno(ジュノ)から名づけられました。ジュノはジュピターの妻で、結婚と豊潤の女神です。6月に結 婚したカップルは幸せに恵まれる結婚生活を送れるという伝説があります。”ジューンブライド”には、ジュノが自分の月である、6月に結婚するカップルに は、この伝説が実現しますようにと願いを込めたということに由来しています。

結婚式は、一生に 一度の晴れの日です。結婚式の後に結婚披露宴。結婚式の披露宴にお招きする大切なゲストは一番親しい人たちです。 結婚を一緒に祝福していただきたい結婚 披露宴のゲストです。 親戚や友人など遠方からいらしていただく方もいます。 引出物も特別なものを選びたいです。

引出物とは?
結婚式の披露宴にお招きした方には、帰りにお持ち帰りいただく引出物を贈ります。宴席にお招きしたお客様に、招待者側からギフトを贈る習慣は昔からありました。
引 出物という言葉の由来は、平安時代の貴族たちが馬を引き出して贈ったことにあるといわれています。引出物の品物は時代により変遷し、江戸時代になると宴席 のお膳に添えて出す様々な品物を「引出物」と呼ぶようになりました。引出物は、お土産として持ち帰り、宴会に参加しなかった家族達にも慶事を分かち合うと いう意味も持っています。

風呂敷ふくさに名いれでパーソナルな結婚引出物を。
風呂敷ふくさに披露宴にいらしていただくゲストの名いれをした引出物を選べばパーソナルなギフトを演出できます。
男性は苗字、女性はこれから姓が変わるし、名前、などと考えながら結婚式の披露宴に来てくださる一人一人の名前を入れた引出物を選びます。
特別な結婚の日に、いらしてくださる方たちへの心を込めた御礼の結婚引出物です。

結婚引出物は、ラッピングにもこだわる
結婚式の引出物にはお約束の決まりがあります。
引出物(ひきでもの)とは、結婚式等の祝い事で招待客に配られる贈呈品のことです。もともと馬を庭先に引き出したことが名前の由来と言われている。日本には古くからある習慣です。また地域・式典の規模によっても大きな差が出ます。
贈るゲストに慶弔時に使っていただけるふくさは、結婚式の引出物として人気です。
熨斗、ラッピングやメッセージカードなどもふさわしいものを選びましょう。ラッピングにも凝れば結婚式の引出物が引き立ちます。
熨斗は「結婚」というおめでたいことは一度きりの結びきりで。
包装紙は赤の鹿の子、白地に金銀や亀甲などおめでたい柄で。
メッセージカードは特別な思いを伝えたい方に、気持ちを伝える「ひとこと」を加えましょう。
June Brideのあなたの結婚式に乾杯!ステキな結婚式を!

motai冠婚葬祭百科事典 ジューンブライド 結婚式の引出物とは
この記事を気に入ってくださった方はクリックしてください。人気ブログランキング
こちらでご紹介した商品は和布製品、風呂敷、ふくさの通販店、Motaiでご購入いただけます。
東京、神宮前の「和のデザイン」をグローバルに発信する」セレクトショップ、Motaiは皆様のご来店をお待ちしております。
Motaiの地図を確認する。 お電話でのお問い合わせはフリーダイヤル0120-85-7255まで。
From Cecilia 。(⌒∇⌒。)(。⌒⌒)。

タグ: ,

コメントは受け付けていません。