冠婚葬祭マナー辞典

慶弔時に差し出す金封は、ふくさに包んで差し出します。


慶弔時には、ふくさが必需品

■結婚式の祝儀袋はしきたりを守って間違いなく
祝儀袋は紙の素材や折り方、水引の結び方に種類があり、どれを使ってよいか迷います。 間違って使うと失礼に当たり、恥をかいてしまいます。次の注意事項を守ると安心です。
○水引の結び方と祝儀袋
結婚関係には[蝶結び]の祝儀袋はタブーです。 蝶結びは何度でも結びなおしができることから、出産祝い、入学、昇進など何度あっても良いお祝い事に使用します。 婚礼には、一度きりの
[結びきり]の水引
をつけた婚礼用の祝儀袋を使います。
○金額と袋の関係
シ ンプルな祝儀袋は、1-2万円くらいのお祝い金に。 様々な装飾のあるお祝儀袋は、三万円、五万円、十万円などの金額を包むときに使用します。 一万円の 結婚式のお祝い金を立派な祝儀袋に入れるのはふさわしくありません。 また、地方により、その土地独自の祝儀袋があります。 地方独特のしきたりに沿った ご祝儀をおこなうためにも、結婚式がおこなわれる地域でお求めになるか、前もって問い合わせると安心です。
○表書きの書き方
婚 礼関係の祝儀袋は、上段に「寿」と書くのが格調も高く、一般的です。 「ご結婚お祝い」でもかまいません。 下にはご自分の名前をフルネームで書きます。  中袋には、表側に金額、裏側に氏名を書きます。 お金を入れ忘れないようにご注意ください。 中に入れるお札は新札を入れます。 中袋にお金を入れてか ら、上書きを書くと確実です。
○祝儀袋の折り方と水引のかけ方
水引を掛けるときは、裏の折り返しに注意しましょう。 必ず全体が上向きになるように折ってあることを確認しましょう。 まず上側を折ってから下のほうを折り返すと確実です。
○名前の書き方
3人以上の連名で贈る場合には、下の段の右から順に目上の人の名前から書きます。 五名以上の場合には、代表者かグループの名前を書き、「他一同」とします。 祝儀袋の中に贈る人全員の氏名を連記した紙を同封します。

★祝儀袋は必ず
ふくさ
に入れてお持ちします。祝儀袋を裸のまま差し出すのは、マナー違反です。
詳しくは、
結婚式ハンドブック
でもご紹介しています。

結婚式のお祝い、ご祝儀袋はふくさに入れて

■お葬式やお通夜の不祝儀袋はしきたりを守って間違いなく
昔は亡くなった方にお香を持っていくのが慣わしでした。 現在では、お香の代わりに不祝儀の現金を包みます。 お香典と呼ばれています。 
○金額と袋の関係
金額は故人との親しさの度合いや自分の社会的地位、地方の習慣などを考え合わせて決めましょう。 
○金額と袋の関係
一 般的には5千円程度です。 自分の方が目上の場合や、親族なら、それ以上の金額がふさわしいですが、厳密な決まりごとはありません。 お渡しする時期と しては、訃報を聞いて急いで駆けつける時には、いかにも「待っていました」という印象を与えるので避けましょう。 礼儀正しいのは、お通夜か告別式に持参 します。 両方参列する場合には、どちらか一方に持参すればかまいませんが、通常はお通夜に持参します。 お香典は必ず
袱紗に包みます。 お香典を入れる 不祝儀袋は、金額に合わせたものを選びましょう。 水引が印刷されている不祝儀袋は五千円以下の金額、黒白や銀の水引がかかっているものはそれ以上の金額 にふさわしいです。 金額に迷ったら、同じような立場の友人に相談するか、何人かで一人2,3千円を集めて、まとまった金額にして、連名でお出しします。
○表書きの書き方
葬 儀関係の不祝儀袋は、銀貨黒白の水引の掛かった袋で、中に入れる金額にふさわしいものを選びます。どの宗教にも通じる表書きは「ご霊前」「御霊前」です。 キリスト教や神道の宗派の葬儀には蓮の花の押し印のある不祝儀袋は仏教用なので避けましょう。 中袋の表に金額、裏に住所・氏名を書きます。 住所はご遺 族の方がお香典返しを送ったりするときに必要なので必ず書きましょう。 不祝儀袋の袋の裏の重なりは、初めに下側を折り、次に上側を折り重ねます。 重な りが下を向くことが、悲しみの表現になります。

★不祝儀袋は必ず
ふくさ
に入れてお持ちします。不祝儀袋を裸のまま差し出すのは、マナー違反です。

詳しくは、お葬式ハンドブックでもご紹介しています。

お通夜、お葬式の不祝儀袋はふくさに入れてお持ちします

慶弔時の必需品はふくさ
です。 慶弔時にお持ちするご祝儀袋、不祝儀袋などの金封は、
袱紗
につつんで、お渡ししましょう。たしなみある大人のマナーです。


motai冠婚葬祭百科事典

慶弔時に差し出す金封は、ふくさに包んで差し出します。


この記事を気に入ってくださった方はクリック
してください。人気ブログランキング
こちらでご紹介した商品は
和布製品、風呂敷、ふくさの通販店、Motai
でご購入いただけます。
東京、神宮前の
「和のデザイン」をグローバルに発信する」セレクトショップ、Motai
は皆様のご来店をお待ちしております。
Motaiの地図を確認する。 お電話でのお問い合わせはフリーダイヤル0120-85-7255まで。
From Cecilia 

。(⌒∇⌒。)(。⌒⌒)。

タグ:

コメントは受け付けていません。