冠婚葬祭マナー辞典

葬儀に参列するときの服装、 喪服、葬儀の正装とは?


葬儀に参列するときの服装、 喪服、葬儀の正装とは?


葬儀に参列するときの服装、 喪服、葬儀の正装とは?
訃報を受けて弔問をするときには、時と場合により、ふさわしい服装が異なります。
■訃報をうけてとりあえず駆けつけるとき
弔事の服装では、黒を身につけることで、悲しみを表すことと、いかにも用意していましたという印象を避けることが大事です。亡くなった訃報をうけて、とりあえず駆けつけるときには、喪服を身に着けてはいけません。遺族の方に準備していましたという印象を与えてしまうからです。普段着の地味目な服装で、取るも のもとりあえず駆けつけたことを遺族の方に伝えましょう。親しい間柄の場合には、すぐにお手伝いが出来るようにエプロンなどを持参した方がよい場合もあり ます。
■お通夜に参列するとき
お通夜には、本来半喪服といって、黒ではなく、グレーや紺の地味 なスーツやワンピースがふさわしいといわれます。これは、急なことだったので、喪服が間に合いませんでしたという気持ちを表しています。黒の喪服しかない 場合でも、全部黒にしないで、ストッキングを肌色にするなどして、お通夜の気持ちを伝えます。
■葬儀・告別式に参列するとき
葬 儀の際には全て黒で統一した、完璧な喪服がふさわしいです。女性なら洋服、ストッキング、靴、バッグ、男性ならスーツ、ネクタイ、靴などブラックフォーマルでまとめます。また、色は黒でも華美なデザイン、肌が透けて見えるデザインなどは避けましょう。アクセサリーは控えめに、地味目のデザインの真珠などに 抑えます。女性のスーツの場合、中に着るブラウスも黒かグレーにします。派手なネイルやメイクや髪型にも気をつけましょう。柄物のストッキング、光沢のあ るバッグや靴も控えます。
■法事、法要などに参列するとき
一般的には仏教で言う一周忌または三周忌くらいまでは、喪服で、それ以降は次第に明るめになっていきますが、赤やピンクなどは避けましょう。法事の服装は喪主側より、黒くなってはいけないといわれています。分からない場合には、喪主の方に聞いてみるほうが良いでしょう。
■お通夜、お葬式、法事に伺うときの不祝儀袋
お香典(不祝儀袋)は、必ず
袱紗(ふくさ)

に包んでお持ちします。
ふくさ


弔事用のグレーや黒の袱紗


紫の慶弔両用の袱紗

に包みます。不祝儀袋を
袱紗

から出して、
袱紗

をたたんでから、金封を差し出します。
袱紗

をたたまずに広げたままでお香典を差し出すのは控えましょう。
袱紗

を畳まないと、喪の気持ちを包んで持ち帰るこ とになるからで、縁起が良くないからです。お財布式の
金封ふくさ

の場合金封を取り出して、
ふくさ

を閉じてから、お香典を差し出します。

袱紗

の包み方は、
ふくさ

の四隅を天(上)・地(下)・左・右として、中央にお香典袋を置きます。まず右端を折ってお香典袋にかぶせます。次に地(下)の隅を上に折り返しま す。三番目に天(上)の隅を折り下げてかぶせます。最後に左側を折り重ねます。

TPOにあわせた服装を心がけましょう

motai冠婚葬祭百科事典


葬儀に参列するときの服装、 喪服、葬儀の正装とは?


motai冠婚葬祭百科事典



この記事を気に入ってくださった方はクリック

してください。人気ブログランキング
こちらでご紹介した商品は
和布製品、風呂敷、ふくさの通販店、Motai

でご購入いただけます。
東京、神宮前の
「和のデザイン」をグローバルに発信する」セレクトショップ、Motai

は皆様のご来店をお待ちしております。

Motaiの地図

を確認する。 お電話でのお問い合わせはフリーダイヤル0120-85-7255まで。
From Cecilia 

。(⌒∇⌒。)(。⌒⌒)。

★★お願い★★この冠婚葬祭事典に載っていない、あなたがご存知の情報がありましたら、是非皆さんとシェアしていただきたく、コメントを書き込んでください。皆様と一緒にためになる情報が一杯の冠婚葬祭百科事典を作っていきたいです。よろしくおねがいいたします。
(っ★´∀`)つ【☆オネガイシマス☆】c(´∀`★C)

タグ: ,

コメントは受け付けていません。